湯宿温泉とその周辺の見どころやおごっつおを紹介します 金田屋ブログ

こどもの体験のススメ3

今週のおでかけ情報は、『月夜野びーどろパーク』です。
入口からガラスの可愛いオブジェがお出迎えです。


案内板までガラスで出来ています。



絵付きコースやサンドブラストコースなど、色々なコースが選べます。
今回私たちが体験してきたのは、手吹きガラスコース。
こちらのコースは、7歳以上が対象年齢でした。
まず作りたい形や色を選びます。


体験を間近で見学できるスペースがあります。
予約をしたものの、ずっと躊躇していた次男坊も見学コーナーに入った途端、見入る見入る・・・
『やっぱりやる!!』となりました。


体験にはエプロンと腕カバーが貸し出しとなりますので、手ぶらで予約(時間と人数、コースの確認等聞かれます。)
さえいれておけば問題ありません。

灼熱のガラスを風船玉のように膨らませたりする初めての体験に真剣そのもの。
集中しております。



職人さんがマンツーマンで教えて下さり、丁寧に進めてくださいました。
出来上がりは、発送か、翌日取りに伺います。

自分の手で作ったせいか、大事そうに子供たちも使っています。
いびつなところが逆に愛おしい仕上がりに。。
厚手で味のある作品が出来上がりました。


今回ご紹介した吹きガラスの工場の休み時間・点検日による休業日等につきましては、直接月夜野びーどろパークへお問い合わせください。
以前私も一輪挿しを体験で作りましたが、勿論大人も楽しめますよ。

月夜野びーどろパーク総合予約センター     
お問い合わせ                 0120-0278-62
ご予約ダイヤル
2014年07月29日 (火)  |  周辺の見どころ

こどもの体験のススメ2

関東地方もいよいよ梅雨開け!

こどもたち!外に飛び出そう!



宿のすぐ前の赤谷川にて。

ただし、プールと違って、川は自然のもの。
深さや流れは場所によって違います。
くれぐれも大人同伴で、安全に楽しんで下さい。

青空の下、たくさん遊んでくださいね。
2014年07月23日 (水)  |  周辺の見どころ

夏野菜本格始動!!

夏ならではの色鮮やかな野菜たちがたくさんでてまいりました。


日を収穫直前まで浴びた新鮮トマト、持つとチクチク痛い胡瓜・・
どんどんいろいろな種類の夏野菜がこの先も登場します。

今回は、ゼブラ茄子がお目見えです。
色がゼブラ柄、目にも鮮やかです。
2014年07月21日 (月)  |  こだわりの食材

こどもの体験のススメ1

この夏、湯宿温泉では子供に地元を遊び尽くしてもらいたい!という町ぐるみのおもてなしを強化しております。

宿前を流れる清流赤谷川に入って川遊びや魚つかみをしてもらいたい。
安全に楽しく川遊びをしていただけるように、川の清掃や草刈りなど、地域で準備が着々と進んでおります。



他にも、様々な体験ができる環境がここ湯宿温泉周辺にはたくさんあります。
随時ブログで紹介していきたいと思います。



まずは日程が決定している件からご紹介します。
(以下、素読塾様より)

親子で楽しむ♪夏休み素読塾
脳の発達が最も著しい幼少期に古典などの名文を声に出して素読みすることで、子供の将来に力となる確かなものを残せればと願っております。未就学児~小学校低学年の親子を主な対象としたものですが、どなたでもお気軽にご参加ください。
茶話あり。費用は無料です。

日 時 :7月21日(月)・28日(月)・8月3日(日)・18日(月)
    午前9時半~11時

場 所 :みなかみ町須川98 泰寧寺本堂

問合せ :0278-64-1131(泰寧寺)担当:副住職まで



泰寧寺は、先日ブログでも紹介しました、あじさい寺で知られる歴史あるお寺です。
境内を散策するだけでも心が穏やかになっていく気がします。
当館からお車で7~8分です。

素読はただ声に出して読む、との見解が多いようですが、素読をしている子供は情緒が安定しているという報告もあるようです。
読み物が好きになってくれたらいいなという思いも込めて私も息子たちとこの企画に参加しようと思っています。

こちらは午前中からの催しなので、例えば企画の前日にご宿泊いただきチェックアウト後にお寺に向かうというのもよいですね。
今日現在、当館では7月20日以外(7/27.8/2・17日)まだお部屋の空きがあります。
また、当館初の♪小学生半額・夏休み限定のお得プランを発表しましたので、ご利用ください。

もうすぐ夏休み、子供には色々な体験、経験をさせてあげたいですね。
町ぐるみでいろいろな催しを準備してお待ちしております。
2014年07月17日 (木)  |  今週のお出かけ情報

みなかみ町湯宿温泉のブルーベリー狩り情報

本日オープンのブルーベリー農家さんを訪ねてきました。
お邪魔したのは、生方フルーツ園さん。

すでに注文がたくさん入っているそうで、今年も盛況です。


群馬の中でもこんなに大きいブルーベリーはなかなかないそうで、『ほれ、食べてみ』と農園の社長が勧めてくださいました。





柔らかい皮がぷちっとはじめ、なんとも甘いベリーが口の中に広がります。
本当に大粒です。
大粒からどんどんなくなっていくそうなので、ブルーベリー狩りにおでかけのお客様はお早目にどうぞ。
このブルーベリー、冷凍してから食べても、夏向きのスイーツになり美味しいですよ。
当館では、ブルーベリージャムにして、ソースとしてデザートにお出ししています。
今年もそろそろジャム作りが始まります。
2014年07月06日 (日)  |  今週のお出かけ情報
おすすめプラン