文学の世界を感じる 牧水の間
牧水が泊まった蔵屋敷 牧水の間

みなかみ紀行の旅の途中、牧水はゆじゅく金田屋に泊まり川魚の
甘味噌焼きを旨い旨いと2皿分食べたそうです。
現在でもゆじゅく金田屋の玄関を入った右側には、牧水が泊まった蔵座敷の2階がそのまま残されていて、“牧水の間”として談話室となっています。当時の調度品や牧水関係の書籍が並んでいます。

牧水の間 イメージ
酒と旅を愛す 牧水プラン
おすすめプラン
先頭へ戻る