湯宿温泉とその周辺の見どころやおごっつおを紹介します 金田屋ブログ

バス停降車は『湯宿温泉』です!

みなかみ町ゆじゅく金田屋のブログをご覧いただきありがとうございます。
この辺りはしばらく雪もおさまり、落ち着いた天候が続いています。
三連休にはお陰様でたくさんのお客様にお越しいただき、賑やかな雰囲気に包まれました。現在また落ち着いた雰囲気に戻っております。お一人旅にも最適です。

ここで交通手段に後閑・上毛高原方面からのバスをご利用の場合の、間違えやすい注意点を二つほどご紹介します。
先日、お一人旅のお客様がバスにてご来館されたのですが・・・
バス停を間違えて少し歩いてお越しになられたのです。

金田屋の最寄りのバス停は「湯宿温泉」なのですが、その前に「湯宿温泉下(しも)」・後には「湯宿温泉上(かみ)」となんだか紛らわしい名前が続きます。

湯宿温泉下」⇒「湯宿温泉」⇒「湯宿温泉上

皆様金田屋には「湯宿温泉」にてご降車下さい。
降りると宿は国道渡って目の前です。

二つ目に間違いが多いのが、正しく「湯宿温泉」でバス停を降りたあと大型駐車場に向かってしまわれる方がいることです。
「湯宿温泉」バス停の少し手前右側に、車窓から“金田屋専用駐車場”と書かれた大きな茶色い看板が目につくのです。初めて来る方はそこが旅館の入口かなと思うかもしれませんね。大型駐車場と宿は50メートル程離れています。茶色の看板のところは駐車場のみですのでバス停を降りた後は国道を渡っていただき道を戻らず目の前の石畳をお進みください。
左手が金田屋当館となります。
お待ちしております。


DSC_0014.jpg
2018年02月14日 (水)  |  お一人旅のすすめ

一人旅のお客様、ひそかな楽しみ♪

ゆじゅく金田屋には寒くなると一人旅のお客様が増えてくるようです。
最近の傾向としましては、一人旅でのプチ湯治。
嬉しいことに初めてのお越しにもかかわらず連泊されていかれる方が結構いらっしゃいます。
私どもも皆様のスケジュールがあうのであれば連泊をお勧めしています。
2泊滞在できますとお体の疲れのとれ具合がだいぶ違います。連泊後お帰りになる時にはだいぶ表情も和らぐようです。
一人旅の方の過ごし方に多いのはマッサージさんを呼ぶこと。
予約の時間に合わせて温泉に入り、その後にマッサージをしてもらう・・
最高ですね♪
当館では40分からのご予約が可能です。
お越しの際には是非お試し下さい。
2018年01月28日 (日)  |  お一人旅のすすめ

雑誌『男の隠れ家』に取り上げていただきました。

12月9日発売の男の隠れ家「旅シリーズ」ベスト版に金田屋を取り上げていただきました。
表紙は
“寒い季節に温泉でほっこり 冬の気ままな一人旅”

CIMG2691.JPG
雑誌には『40歳からの男の一人旅プラン』を紹介させていただきました。
のんべいの貴殿にはぴったりの新プランで、『男の一人旅プラン』とあわせてホームページでご覧ください。
もちろん女性の貴女様には『女の一人旅』プランもご用意してあります。
先日チェックアウトされた女性のお客様のご感想。
「いつも旅先のお料理は少し味が濃く感じるのだが、金田屋さんの味付けは優しい味付けですね。」
女性のお客様からお料理の味付けをお褒めいただけるのは大変嬉しいことです。
朝の味噌汁には鰹・昆布・煮干からしっかり出汁をとったりとなるべく天然の味付けを心がけています。
金田屋の料理長も女性で内容も田舎のお料理です。豪華な食材が並ぶわけではありませんが、地元の食材や採れたての野菜が宝と考えています。

今日現在は金田屋までは道路の雪は国道はありません。
どうぞ冬のみなかみにおでかけ下さいませ。
2017年12月23日 (土)  |  お一人旅のすすめ

40歳からの一人旅がじわじわと人気です。

紅葉が終わり、12月の平日は一人旅のお客様が多くいらっしゃいます。
その中でも新プラン『40歳からの一人旅』でのお申込みが増えています。
気温も下がり、燗酒が体に染みる季節なのでしょうか。やはりお酒のチョイスは燗酒がダントツ人気です。
2時のチェックインに合わせて早めの御来館。
それからまずは皆様温泉にお入りになるようです。
そのあとお部屋でゆっくりお酒を楽しむ・・
お勧めは牧水の間の活用。
大正時代に歌人若山牧水さんが実際にお泊りになったお部屋で
現在は談話室として開放しています。
滞在中ご自由にお使いいただけます。

自分だけの時間を持ち、体と心を解きほぐす・・

大人の男にはたまにそんな時間も必要ですよね。
是非お出掛け下さい。

IMGP7952.JPG
2017年12月20日 (水)  |  お一人旅のすすめ

みなかみ町湯宿温泉周辺のお天気

北日本を中心に寒波がやってきているそうですね。
ここみなかみ町湯宿温泉周辺では三国山からの吹きおろしで雪が飛んできています。
この辺りでは“ふっこし”なんていいます。
飛んできているようなので全く積もってはいませんが、小雪を含んだ風が冷たい!
そんな時に入る温泉は最高に気持ちいいですよ。
今日お泊りになっていらっしゃる一人旅の男性は自宅のお風呂に入ると乾燥肌のせいか肌がかゆくなるが、ここのお風呂に入るとそれがないんだよね、とおっしゃっていました。硫酸塩泉のせいなのでしょうか、保湿系のお湯なんだと改めて実感します。
年末年始の忙しくなる前にこの時期、お気軽におでかけ下さいませ。
風呂_弘須の湯.jpg
2017年12月13日 (水)  |  お一人旅のすすめ

団体様のご予約で予約が一時的に・・

紅葉もだんだん落ち着いてきた今日この頃。
ゆじゅく金田屋の周辺ではまだ色づいていますが、落ち葉がかなり目立つようになってまいりました。
ここ何日か、団体のお客様のご予約が多くなっておりますために
お一人様のご予約ができない日が何日がございました。
今月の勤労感謝の日を過ぎますとお一人様も比較的ゆっくりとすごしていただける
状況となっていますので、一人旅を考えていらっしゃるお客様是非参考にしてみて下さいませ。
2017年11月16日 (木)  |  お一人旅のすすめ

4泊で温泉三昧!

先日ゆじゅく金田屋に女性のお客様、お一人様のプチ湯治プランにて4泊お泊りいただきました。
滞在中お天気も恵まれたのもあって毎日午前中はおでかけになられました。
たくみの里と湯宿の共同浴場が大変お気に召されたご様子でした。

最近私も共同浴場に出かけてみたところ、先行者が多かったのか、
覚悟?していたよりも適温で気持ち良く入れました。
熱めのお湯は苦手・・という方は金田屋のお風呂へ、熱めも大好きな方は是非
宿からすぐの共同浴場めぐりなど、ご滞在中のお勧めです。
ただし、共同浴場はシャンプー、石鹸などの備え付けはありませんのでご注意を。
292000342共同浴場.jpg
2017年10月09日 (月)  |  お一人旅のすすめ

一人旅のお客様、ひそかな玄米ファン♪

先日宴会の他にお泊りになったお客様がなんと全て一人旅の方でした。
その日は珍しいのかもしれませんが、やはり確実にお一人旅、増えています。

その時お泊りになられた一人旅の女性のお客様。
ご夕食時に酵素玄米をご注文いただきました。
東京にお住まいで、「酵素玄米」とうたっているレストランにはよく足を運ぶそうですが、金田屋の酵素玄米を大変お気に召していただきました。
当館では長岡式酵素玄米をお出ししています。出来上がりまで火加減を調節しながら約2時間近くかけて炊き上げます。そして炊き上がりから3日程で酵素の働きで食べごろになります。玄米=パサパサ・・というイメージの方はお試し下さい。玄米の概念が変わるかもしれません。
一日の寒暖差が大きいこの季節。野菜のお料理に酵素玄米の組合せで体のメンテナンスに是非おでかけ下さいませ。IMGP8879.JPG
2017年09月27日 (水)  |  お一人旅のすすめ

こんな時こそ一人旅!

みなかみ町湯宿温泉ゆじゅく金田屋です。
雨が続いております。
いかがお過ごしでしょうか。
ここ2年程でゆじゅく金田屋ではお一人旅のお客様が増えたなあと実感しています。
特筆すべきは女性の一人旅が増えたこと。
環境や気温の変化・オフィスの冷房などで体調、お肌、などなど・・乱れていませんか?
体を温める塩泉に浸かり、体に優しい野菜料理を食べるだけでも元気が出ると思います。

そうそう、ヤマボウシが赤い実をつけ始めました。
女性のお風呂から望めます。

CIMG2609.JPG

宿はバス停からも目の前です。
どうぞお気軽にゆじゅく金田屋にお越し下さいませ。
2017年09月07日 (木)  |  お一人旅のすすめ

雑誌『旅行読売』に取り上げていただきました。

8月28日旅行読売出版社より発売中『旅行読売』の雑誌にゆじゅく金田屋を取り上げていただきました。

特集
初めてでも大満足
あの名湯でひとり泊

平日の一人旅、本当に増えています。
滞在中はずっとお部屋に籠る方、朝食後から精力的にお出かけになる方、様々です。
お出かけになる方は交通手段でコースは異なりますが、
・車の方へのお勧めは、
         谷川岳や天一美術館・ビードロパーク・川場方面(望郷ライン、田園プラザ)
・バスでのご移動の方へのお勧めは
         たくみの里(陶芸やそば打ち他の体験ができます。)・泰寧寺・法師温泉・果物狩り・赤谷湖散策など

14時頃には宿に戻り、ゆっくり温泉に浸かる・・方が多いように感じます。

何もしない、というのもアリですね。
HPから一人旅プランでご予約で地元のお酒などワンドリンクサービス付き、
新登場の40歳からの一人旅プランものぞいてみて下さい。
どうぞお出かけ下さい。
CIMG2607.JPG
2017年08月29日 (火)  |  お一人旅のすすめ
おすすめプラン